Columbia montrail

Hip Outdoor Style Night Camp

2020年、新たなプロダクトを迎え
さらなる発展を遂げたColumbia Montrail。

トレイルランニングカルチャーを培ってきた
4名のアスリートが
シューズ選びとこだわりについて語ります。

- Columbia Montrail Shoes Chart -

COLUMBIA MINTRAIL F.K.T.&trade LITE COLUMBIA MINTRAIL F.K.T.&trade CALDORADO&trade III TRANS ALPS&trade F.K.T.&trade III

- Races -

<協賛レースの紹介>

  • UTMB®

    フランス・イタリア・スイスの3カ国にまたがるモンブラン山系を舞台に繰り広げられる
    世界最大規模のトレイルランニングレース。

  • 石川弘樹プロデュースレース

    国内初のプロトレイルランナー石川弘樹氏がプロデュースする長野県の斑尾高原、
    三重県の伊勢の森、山梨県の武田の杜、そして福岡県の平尾台の4レース。

  • SKYRUNNER® JAPAN SERIES

    Skyrunner® national Seriesの日本版、「2020 SKY SERIES(スカイシリーズ)」と
    「2020 VK SERIES(バーティカルキロメーターシリーズ)」。

  • HASETSUNE CUP

    東京・奥多摩の山岳地帯を走る総距離71.5kmの「日本山岳耐久レース」。
    日本を代表するクラシックトレイルレースとして25年以上もの歴史を持つ。

  • KTFプロデュースレース

    長野県をメインに、NPO法人北信濃トレイルフリークス(KTF)が
    プロデュースする10以上のレースは、ショートからロングまで多種多彩。

- History of Columbia Montrail -

  • 1982

    one sportがワシントン州シアトルで誕生。ハイキングブーツの販売を開始。

  • 1982-1996

    フィット感、軽量性、デザイン性に優れた新しいブーツの提案でロングトレイルハイカーやウルトラライトハイカーたちに支持される。

  • 1997

    ブランド名をモントレイルに変更。

  • 1999

    ハイキングブーツの観点からトレイルランニングシューズを作り、100マイルレーサーやウルトラライトハイカーに支持される。

    >
  • 2002-2003

    第10回日本山岳耐久レース(24時間以内)長谷川恒男カップでMontrail アスリート 石川弘樹が優勝。第11回も優勝し2連覇達成。(Montrailレオナディバイドにカットしたソックスを縫い付け、自作でゲイター仕様にしたシューズで優勝。)

    >
  • 2007

    石川弘樹プロデュース「斑尾フォレストトレイル50km」第1回大会開催。

    >
    >

    株式会社コロンビアスポーツウェアジャパンでMontrailの取り扱いを開始。

    >
    >
  • 2009

    長谷川恒男カップにメインスポンサーとして協賛開始。

    >

    2014年上田瑠偉が7時間01分13秒の
    コースレコードで優勝。

    >
    >

    2018年 三浦裕一が優勝。

  • 2012

    2012年北信濃トレイルフリークスのレースサポート開始。

    >
    >
  • 2015

    2015年 UTMBサポート開始。

    >
    >
  • 2019

    上田瑠偉が歴史的快挙!!
    Skyrunner World Seriesで日本人・アジア人初の総合優勝!

    >

    THE SKYMASTERS